「生きる力を育もう」~青少年赤十字トレーニング・センターを開催

平成28年8月18日(木)~23日(火)、広島青少年文化センター(安芸郡府中町)にて、青少年赤十字広島県トレーニング・センター(以下:トレセン)を開催し、小学生15名、中学生51名、高校生12名が参加しました。

2泊3日のトレセンの中では、基本的な知識を養う「赤十字と青少年赤十字」「救急法」などの講義に加え、グループで協力して課題を解決する「フィールドワーク」など、様々なプログラムを行いました。

また、各校種ごとの取組として、小学校では応急手当や、高齢者体験を行う「選択学習」、中学校では各学校のJRC活動を発表する「学校紹介」、高等学校では「防災」をテーマに、府中町の企業・施設にインタビューを行う「フィールドワーク」や「炊き出し体験」を行いました。

その校種も最初は緊張していた子どもたちですが、3日目を終える頃には、笑顔にあふれている様子が印象的でした。

このトレセンで得たことを、引き続き学校生活の中で活かしてもらいたいと思います。