平成23年度熊野町赤十字まつり開催

熊野町青少年赤十字連絡協議会(清水勝法会長)が「平成23年度熊野町青少年赤十字祭り」を開催。町内のJRC加盟保育所・小学校・中学校・高等学校などから約100名が参加しました。  この催しは今年で5回目の開催。開会式では、熊野町青少年赤十字連絡協議会より東日本大震災の義援金が日本赤十字社へ寄贈されました。  開会式のあと、各保育所、学校からの活動報告やトレーニング・センターの参加報告、日本赤十字社広島県支部から今年3月11日に発生した東日本大震災についての活動報告が行われました。 その後、参加者は、点字、手話、車いす、救急法、AEDなどの各コーナーでの体験を行い、「いろいろなことが学べてよかった。これからは困っている人を助けてあげられるようになりたい。」などの感想が寄せられました。  お昼には災害時の炊き出し体験として、広島県支部職員の指導を受けた後、非常用炊き出し袋を用いて炊かれたご飯にレトルトのカレーをかけて試食しました。  参加者は、このイベントを通して学んだことを今後の活動に生かしていきたいと心を新たにした様子でした。

広島県支部職員による東日本大震災の活動報告の様子

開会式の様子

車いすを初めて体験しました

非常用炊き出し袋の使い方を学びました