日・韓青少年赤十字相互交流事業の実施                                  ~固い絆で結ばれた国際交流~

7月27日(木)~8月13日(日)で、日・韓青少年赤十字相互交流事業を実施しました。

この事業は、青少年赤十字の目標の一つである「国際理解・親善」の一環として、韓国の忠南(チュンナム)支社と広島の青少年赤十字メンバーが両国を訪問し、歴史や文化を学びながら相互理解などを深めることを目的に、平成3年(1991年)から実施しています。

 

7月27日(木)からの8日間、広島の青少年赤十字メンバー8名が忠南を訪問し、赤十字施設でのカップケーキ作りやロケ地として有名な聞慶(ムンギョン)セジェ州公園での登山、ホームステイなど、韓国の文化を体験しました。

 

続いて8月7日(月)から1週間、忠南の青少年赤十字メンバー14名が広島を訪れ、赤十字施設や平和記念公園の見学、広島市女性赤十字奉仕団との折り紙や茶道の日本文化体験、ホームステイなど様々な活動を行いました。

最初は言語や文化の違いに戸惑っていた生徒ちでしたが、約2週間の相互交流で友情を深め、最終日は涙ながらの別れとなりました。

この交流で得た絆が、今後も続いていくことを願っています。