赤十字ボランティアが「NHK海外たすけあいに」協力!

 平成27年12月20日(日)広島県支部において、広島学生赤十字奉仕団と青少年赤十字(JRC)のメンバーがバザーを行い、約100人が参加しました。
 早朝からメンバーたちは、テントを設営し、バザーで販売する商品やカレー等の準備をしました。
 バザーには多くの方が来店し、人気商品は瞬く間に売り切れていました。
 JRCメンバーは、「自分たちだけではできない活動です。先輩たちと一緒でとても楽しい。」と活動に取り組んでいました。
 企画を担当した学生奉仕団の瀬戸さんは、「この活動で、”人と人とのつながりの大切さ”を再認識しました。私たちは、義援金だけでなく、多くの方の想いを、世界の方々に届ける、架け橋のような役目をさせてもらいました。協力していただいた方々に感謝しています。」と話していました。
 また、このキャンペーンには、JRC加盟の広島市立井口中学校と広島市立安佐北中学校・広島市立広島中等教育学校のメンバーと先生が、校内募金を届けてくださいました。

カレーの準備をする奉仕団員

カレーの準備をする奉仕団員

多くの方にご来場いただきました。

多くの方にご来場いただきました。

 

 

 

 

 

 

広島市立井口中学校

広島市立井口中学校

広島市立安佐北中学校・広島市立広島中等教育学校

広島市立安佐北中学校・広島市立広島中等教育学校