「たすけあいを、忘れない」海外たすけあい支援バザー開催!

 12月15日(日)、日本赤十字社広島県支部駐車場で、学生赤十字奉仕団による「海外たすけあい支援バザー」を開催しました。
 
バザーで販売された商品は、同奉仕団の皆さんが、県内の企業に協力を依頼し、協賛企業様より無償にてご提供いただいたものです。食品をはじめ、食器や小物などの販売や温かいうどんなどを販売し、多くの方々にご来場いただきました。
 
なお、支援バザーはNHK海外たすけあいキャンペーン(12月25日まで)の一環で行われたもので、バザーの売り上げは、すべて世界中で紛争、災害、病気などで支援を必要とする人々のために活用されます。

バザーの様子うどん食べてる