平成24年度広島学生赤十字奉仕団卒団式が開催されました

 平成25年3月3日(日)に広島赤十字・原爆病院研修センターにて、広島学生赤十字奉仕団卒団式が行われました。同奉仕団は県内の大学生・短大生により構成されている奉仕団であるため、団員は大学卒業に伴い退団することとなっています。本卒団式はその門出を祝うため、毎年行っているもので、今年度は30名が巣立ちました。

 卒団証書授与式では、粟井 洸匡委員長(広島工業大学2年)が送辞を読み、別れを惜しむ気持ちと、これまで活動を牽引してきた先輩への感謝の思いを述べました。また、卒団生からの答辞として、中郡 英二さん(広島工業大学4年)が、4年間を振り返り、楽しいことも苦労したことも共有してきた仲間への感謝を述べるとともに、在団生へ激励のメッセージを送りました。

 授与式の終了後は親睦会を行い、卒団生は学生奉仕団員として最後の楽しい思い出を作りました。

 

入場する卒団生を拍手で迎えました

答辞(中郡 英二さん)