戸山中学校「災害時高齢者生活支援講習」を開催しました

  平成26年12月10日(水)、広島市安佐南区にある広島市立戸山中学校において、「災害時高齢者生活支援講習」を開催しました。戸山地区は、高齢者が多く、地震などの災害時には戸山中学校が避難場所になることから、中学生が高齢者の方々に対して、どのようなことができるのかを学び・考える機会になればと企画されたそうです。
  講習は、講義に加えて「高齢者疑似体験セット」を装着して、普段との動きの違いを体験することや、毛布を使ったガウンの作り方、リラクゼーションなどを織り交ぜながら進めました。
  5、6校時という長い時間をとっていただきましたが、生徒さんは熱心に講習を受けられ、初めて体験される内容では、生徒さんのみならず先生方にも熱心に聞いていただけたようでした。
 今
回の講習が、戸山地区の防災・減災への取組みの一助になればと思います。

 ※当日は「ひろしまケーブルテレビ」の取材がはいりました。

講義

講義

高齢者疑似体験セット装着

高齢者疑似体験セット装着

毛布を利用したガウンの作り方

毛布を利用したガウンの作り方

スキンシップによるリラクゼーション

スキンシップによるリラクゼーション