平成25年度赤十字水上安全法救助員養成講習Ⅱを開催

 平成25年7月27日(土)、28日(日)の2日間に渡り、赤十字水上安全法救助員養成講習Ⅱをヒューマンビーチ長瀬(江田島市)にて開催しました。

 この講習は水の事故から人命を守るための知識や技術と、溺れた人を救助し、医師や救急隊に引き継ぐまでの救命手当・応急手当の方法を学ぶことを目的とし、今年は17名の参加者が受講。

 講習では、レスキュー用のボードやチューブを用いた救助や、シュノーケル、フィンなどを用いた捜査の練習に励み、最後には実践を想定した溺者救助の総合実技などを行いました。

 2日目は時々雨に見舞われるなど、やや悪天候での講習となりましたが、受講者は熱心な姿勢で受講していました。

  また、講習中に、海水浴に来ていた小学生の男の子が溺れるという事故が発生し、水上安全法指導員が救助する場面もありました。

 今後も赤十字では、水の事故から人の命を守るため、講習の普及活動を続けてまいります。