平成27年度全国赤十字大会について

 5月13日、東京都の明治神宮会館において全国赤十字大会が開催され、日本赤十字社名誉総裁皇后陛下、同名誉副総裁の各妃殿下ご臨席のもと、全国から赤十字関係者約1,400人が参加しました。
 広島県からは、有功章受章者や奉仕団委員長ら31名が出席しました。
会は、赤十字事業の発展に尽くした功労者に有功章を贈るとともに、赤十字を一層普及するため毎年開催されています。
 式典では、皇后陛下から赤十字活動に功労のあった個人、団体の代表13人に有功章が授与されました。   
 また、大阪赤十字病院の看護師国際救援部長、池田載子さんがシリア難民の医療救援活動について、青森県立木造高等学校の長谷川歩果さんが福祉施設や地域での青少年赤十字活動の報告を行いました。

平成27年全国赤十字大会