「もっとクロス!赤十字フェスティバル」を開催しました!

 9月14日(土)、日本赤十字社中四国ブロック血液センター・広島県赤十字血液センター合同社屋にて「もっとクロス!赤十字フェスティバル」を開催しました。当日は、天候にも恵まれ、約300名の方でにぎわいました。

 このイベントは、赤十字の様々な活動をご理解いただくために、広島赤十字・原爆病院、日本赤十字社中四国ブロック血液センター、広島県赤十字血液センターと合同で開催しました。

 講習エリアでは、救急法、幼児安全法、健康生活支援講習を行いました。受講者の方は、指導員の説明に熱心に耳を傾けながら体験し、「いざという時に役に立つ」、「楽しく受講できた」などの感想が寄せられました。

 また、子どもたちの献血疑似体験、健康相談、緊急車両や献血車両の展示など様々な催しを企画しました。「災害救護活動体験コーナー」では、多くの子どもたちが日赤職員としてラジコンで救急車両を操作し、なかには「救急車に乗って救護活動してみたい」、「救護活動が想像できた」との声もありました。その他にも、炊き出しの実演と試食、クイズラリー、スーパーボールすくいなどの屋台もあり、子どもから大人まで楽しんでいただきました。

 今回のフェスティバルの開催は、広島清流ライオンズクラブ、広島市地区本部、赤十字奉仕団やボランティアの方々ともクロスして実施しました。

2赤十字F20130914

多くの参加者がAEDの使い方や、心肺蘇生法を学びました

1赤十字F 20130914

記念すべき初開催。心配された天気は快晴でした!

 

 

 

 

 

 



3赤十字F20130914

ホットタオルを使った健康生活支援講習

4赤十字F20130914

献血バスの中で献血疑似体験。大人になったら献血してね

 

 

 

 

 

 

 

 

5赤十字F20130914

けんけつちゃんはみんなの人気者

6赤十字F20130914

健康相談コーナーでは生活習慣のアドバイスも

 

 

 

 

 

 

 

 

7赤十字F20130914

栄養相談コーナーでは低カロリー食品を紹介しました

8赤十字F20130914

車両展示コーナーで救護服を着て記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

9赤十字F20130914

ラジコンカーを使った災害救護活動を体験。
子どもだちが夢中に操作しています!

10赤十字F20130914

炊き出しはカレーライスを作りました