「坂町小屋浦地区避難訓練」に参加

 11月4日(月・祝)、安芸郡坂町立小屋浦小学校にて、小屋浦地区住民を対象とした避難訓練が開催されました。小屋浦地区は、広島県の「自主防災組織による避難の呼びかけ体制支援事業」のモデル地区として、住民同士による避難の呼びかけ体制の構築を進めています。
 支部は、昨年の豪雨災害で小屋浦小学校に約1ヶ月間救護所を開設し、救護活動を行ったことからこの避難訓練に参加し、当時の活動パネル、緊急セット・安眠セットなどの救援物資の展示を行いました。
 また、小屋浦住民協女性部、生協ひろしま、大和重工㈱、健康・栄養赤十字奉仕団共催による炊き出しも行われました。

 災害救護活動についてはこちら