令和元年度総合防災訓練に参加

 10月6日(日)、広島県と三原市が共催する防災訓練が三原市内にて開催され、支部は主に消防・警察などの防災関係機関との災害時における連携強化を目的に参加しました。

 この訓練は、集中豪雨による土砂災害、南海トラフ地震発生に伴う建物の倒壊など、大規模な災害を想定しており、救護班による応急救護を行いました。

【参加赤十字団体】 広島県支部、三原赤十字病院