平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(おかげさま_熊本赤十字病院・株式会社ディスコ)

 7月6日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など広範囲に

甚大な被害が発生し、日本赤十字社は直ちに救護班を派遣しています。

 

 広島県支部では、76日に災害対策本部を設置し、県内の被災地での医療救護活動や

こころのケア活動を実施。全国各地の赤十字施設から救護班が派遣され、オール日赤で

この度の豪雨災害へ対応しています。

 

 発災後から断水が続く川尻町での洗濯支援サービスを実施するため、熊本赤十字病院から

給水・衛生ユニットと専任の職員3名を派遣。35℃を超える炎天下の中、川尻中学校で

黙々と給水システムを構築し、洗濯機の取り付けまでを実施。

 また、洗濯で使用する生活用水は、株式会社ディスコ(呉市)から定期的に供給され、

10トン分の水により洗濯機8台を同時に稼働。

 この洗濯支援サービスは、熊本赤十字病院の職員や株式会社ディスコによる

陰ながらの支援と協力(おかげさま)によって、川尻町の住民へ提供しています。

 

「救うことを、つづける」

日赤は、全国の赤十字施設や法人と協力・連携し、被災地での支援を継続していきます。

 

熊本赤十字病院から派遣されたブルーガイズ

汗だくで、給水システムを構築

給水システムに洗濯機を取付

㈱ディスコからの給水支援

10トンの水により洗濯を支援

炎天下の作業でも最高の笑顔

給水システムの撤収報告