平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(おかげさま_赤十字防災ボランティア)

 7月6日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など広範囲に

甚大な被害が発生し、日本赤十字社は直ちに救護班を派遣しています。

 広島県支部では、76日に災害対策本部を設置し、県内の被災地での医療救護活動や

こころのケア活動を実施。全国各地の赤十字施設から救護班が派遣され、オール日赤で

この度の豪雨災害へ対応しています。

 

 その中で、赤十字防災ボランティアとして、総勢59名の方が災害対策本部に参集。

救護倉庫から大量の救援物資を搬出し、災害救援車両への積み込み、救援物資などを

各避難所まで搬送。

 また、医療救護班が宿泊施設として利用したロジスティクス・センターの部屋やトイレ、

シャワーを毎週、清掃してもらいました。被災した現地で活動することはできなくても、

自分のできることをできる範囲で行い、少しでも役に立ちたいとの想いを胸に。

 

 広島県支部は、多くの赤十字防災ボラテンィアの陰の活動(おかげさま)にも支えられながら、

被災地での支援を行っています。

 

「救うことを、つづける」

 日赤は、被災者のために何かしたいと想う多くのボランティアとともに、被災地での支援を

継続していきます。

救援物資を救護倉庫から搬出

災害救援車両へ積み込む防災ボランティア

ロジスティクス・センターのトイレ清掃

毎週、きれいにしてもらいました

小屋浦小学校へ物資を搬送

温かい想いと笑顔の防災ボランティア