平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(7月15日11時00分現在)

【日赤救護班活動中】76日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など

広範囲に甚大な被害が発生し、日本赤十字社は8日から直ちに救護班を派遣しています。

 

 広島県支部は、この度の記録的な豪雨災害の発災後から、行政や各医療保健関係機関と

連携を図り、一丸となって災害に対応するため、広島県庁に設置された医療救護班調整本部等へ、

支部職員や日赤災害医療コーディネーター等を派遣。

 医療救護班調整本部では、避難者の人数や医療ニーズ、衛生環境等の情報収集及び分析を行い、

各避難所で必要とされている資源(ダンボールベッドや医薬品等)の配分調整を行い、

日赤は医療救護班や被災者に対するこころのケア班を派遣します。

 「救うことを、つづける」

日赤は、県や各医療保健関係機関と連携し、継続して被災地での救護活動に尽力します。

 

災害医療コーディネーターの有馬副院長が参集

広島県医療救護班調整本部で活動する日赤職員

県や各医療保健関係機関と救護活動を連携

各医療保健機関の担当者と情報共有

県や各医療保健関係機関と救護活動を連携