平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(7月14日14時00分現在)

【日赤救護班活動中】76日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など

広範囲に甚大な被害が発生し、日本赤十字社は8日から直ちに救護班を派遣しています。

 

 坂町の小屋浦小学校救護所で活動を行っていた島根県支部(益田赤十字病院)救護班が、

次の救護班に引き継ぎを終え、広島県支部へ帰還。高速度道路の通行止めや

幹線道路の大渋滞により、医療やライフラインの復旧に時間を要する小屋浦地区において、

救護班の活動は重要な役割は担っています。

 また、土砂による被害が甚大な小屋浦地区の状況は日々報道され、島根県支部救護班の班長も

マスコミを通じて、被災地の状況や日赤の救護活動について情報を発信しました。

 日赤は継続して被災地での医療提供に尽力します。

 

救護所のある小屋浦小学校の土砂被害

テレビ局からの取材対応

救護班スタッフからの活動報告

広島県支部に無事帰還