平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(7月14日12時00分現在)

【日赤救護班活動中】76日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など

広範囲に甚大な被害が発生し、日本赤十字社は8日から直ちに救護班を派遣しています。

 

 この度の豪雨により土砂災害の被害が大きかった呉市の「天応まちづくりセンター」と

「安浦まちづくりセンター」で、新たに愛知県支部救護班が救護所を13日から開設。

 天応では、救護班が到着直後に、土石流発生の可能性があるため、避難指示が発令。

 豪雨災害から1週間が過ぎても、被災の恐れがある地区で、名古屋第一赤十字病院の

救護班は救護活動を実施。

 安浦では、名古屋第二赤十字病院の救護班が、浜松市から派遣された保健師と

連携を図りながら、救護所での救護活動を実施。また、在宅での診療希望に対応できるよう、

救護班のメンバーが避難所周辺の巡回診療で、救護所に来られない被災者のフォローを

行いました。

「救うことを、つづける」

日赤は、被災地で救護班による継続した医療提供に尽力します。

 

避難指示が続く呉市天応

救護所を開設した天応まちづくりセンター

救護所の日赤医療セット

安浦まちづくりセンターの救護所

巡回診療へ向かう途中の被災地

安浦地区での巡回診療