平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(7月13日13時10分現在)

【日赤救護班活動中】76日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など

広範囲に甚大な被害が発生し、日本赤十字社は8日から直ちに救護班を派遣しています。

 

 広島県支部では、この度の豪雨により被災した広島県内の各市町からの要請により、

救援物資を搬送しています。12日は、福山市地区からの要請により毛布650枚と緊急セット300個を

車両にて搬送。高速道路の一般車両の走行は通行止めでしたが、日赤は災害救援車両として

許可を得て山陽自動車道で福山まで走行しました。

 また、13日は断水が続いている三原市地区の要請により、ラップポン(自動ラップ式

ポータブルトイレ)30台とウェットテッィシュ24箱等を三原赤十字病院に搬送。

 翌14日には、三原市内の避難所等へラップポンが設置され、避難所におけるトイレの衛生環境が

改善されます。

「救うことを、つづける」

日赤は、継続して避難所における衛生環境の改善に尽力します。

 

救護倉庫から救援物資を搬出

トラックに積み込まれた救援物資

災害救援車両で救援物資を搬送

押し潰れた高速道路のガードレール

土砂を撤去中の山陽自動車道

三原赤十字病院で救援物資の受取