平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(7月12日17時00分現在)

【日赤救護班活動中】76日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など

広範囲に甚大な被害が発生し、日本赤十字社は8日から直ちに救護班を派遣しています。

 

 広島県支部は、翌13日から救護班を派遣するにあたり、現地の事前調査のため

災害医療コーディネーターとともに、呉市の「天応まちづくりセンター」と

「安浦まちづくりセンター」の避難所へ。

 呉市の天応や安浦は土砂災害の被害が大きく、町中に土砂が残っている状況です。

 各避難所では、災害医療コーディネーターが現地の保健師や職員等から、避難所の衛生環境や

医療体制、不足している医療器具等の確認を行い、救護班が到着後、スムーズに救護活動が

実施できるよう情報収集を行いました。

 日赤は継続して被災地での医療提供と衛生環境の改善に尽力します。

 

 

避難所周辺の土砂崩れ(天応)

天応まちづくりセンター避難所

災害医療コーディネーターによる避難所の確認

現地保健師等から聞き取り調査

避難所周辺環境の調査(安浦)

断水のためトイレ用水を準備