平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(7月12日15時00分現在)

7月6日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など広範囲に甚大な被害が発生し、日本赤十字社は8日から直ちに救護班を派遣しています。

 

 広島県支部では、県内の赤十字奉仕団の団員が防災ボランティアとして参集し、救護活動のサポートとして、緊急セットや毛布などの救援物資の車両への積込み、坂町や福山市への搬送などを行いました。

猛暑での作業にも係わらずご協力頂き、支部職員も非常に助けられています。日赤では、少しでも被災地の皆様の力となれるよう、防災ボランティア・職員ともに一丸となって作業にあたっています。

作業にあたるボランティアの皆さん

救援物資の荷卸し

救護倉庫から救援物資を搬出

福山へ運ばれる救援物資