平成30年7月豪雨災害への日赤の対応(7月12日10時00分現在)

【日赤救護班活動中】76日に発災した記録的な豪雨により、広島県や岡山県、愛媛県など

広範囲に甚大な被害が発生し、日本赤十字社は8日から直ちに救護班を派遣しています。

 

 この度の豪雨災害に対し、避難生活が長期化し、衛生環境の悪化による感染症の予防のため

避難所等に設置できる衛生的なトイレ“ラップポン(自動ラップ式ポータブルトイレ)”100台が

日本財団の支援を受けた災害医療ACT研究所から、被災した自治体に提供。

 広島県支部は、ラップポンを受け取り、早速、断水が続いている坂町小屋浦の避難所に

搬送し設置します。今後は、被災者からの要望をもとに行政と調整し、天応や三原市等の避難所へ

搬送し設置します。

 日赤は継続して被災地での医療提供と衛生環境の改善に尽力します。

フォークリフトでトラックへ

支部職員の指示で積込

避難所の衛生環境改善のために

防災ボランティアの力強い協力