国際赤十字の両トップ広島県支部訪問

 2月11日、赤十字国際委員会(ICRC)ペーターマウラー総裁と国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)の近衞忠煇会長(日本赤十字社社長)は、日本赤十字社広島県支部を訪問しました。
 
広島県支部桂木弘二事務局長より広島県支部の歴史と活動を、また、広島赤十字・原爆病院副院長が原爆投下直後の救護活動、中四国ブロック血液センター所長は広島県内の献血や供給状況など、それぞれの事業概要を説明しました。
 
その後、メモリアルパークで慰霊碑に献花を行い犠牲者の冥福を祈り、原爆資料館の視察・松井一實広島市長との対談を行いました。

  詳しくはこちらをクイック 関連記事は8ページ

各施設より事業概要を説明

各施設より事業概要を説明

メモリアルパークに献花

メモリアルパークに献花

 

 

 

 

 

 

 

 

松井市長と対談

松井市長と対談