「2013年インド洪水災害救援金」の受付を開始

 平成25年6月14日から4日間続いた大雨で、南アジアでは洪水等の被害が発生しており、特にインド北部ではこの洪水と地滑りにより、平成25年6月23日現在、これまでに1,000人が死亡、78,000人以上が孤立するなど、甚大な被害が発生しています。

  日本赤十字社では、インド赤十字社に対し、現地の救援、復興支援活動を支援するため、下記により救援金の受付を行うこととしましたのでお知らせいたします。

 詳しくはこちらをご覧ください。

(写真)数千人もの人々が山へ避難したまま身動きがとれない状態が続いている © REUTERS