日赤初! 民間航空会社と「災害時の相互協力に関する協定」を締結

 平成29年3月24日(金)、広島県庁にて株式会社せとうちSEAPLANESと「災害時等における救護活動への相互協力に関する協定」の締結調印式を行いました。

近年、極めて高い確率で発生することが予測されている南海トラフ地震においては、中国四国地方の拠点である広島県から四国地方へ迅速に救護班等を派遣し、救護活動にあたる必要があり、複数の輸送手段を確保することは大変重要なことです。

これまで、第六管区海上保安部(広島・呉・尾道)や瀬戸内海汽船株式会社及び石崎汽船株式会社と同様の協定を締結していましたが、今回の協定により、同社所有の水陸両用機で救護資機材等を航空輸送することが可能となり、災害救護体制の充実を図ることができました。

これからも各機関と連携して災害への備えを強化していきます。