平成25年度尾道市孤立集落対応訓練に参加

 11月3日(日)、尾道海上保安部との協定に基づき、同保安部との合同訓練として、庄原赤十字病院の救護班7名と支部職員4名が訓練に参加しました。
 救護班は、尾道海上保安部から巡視艇「はやかぜ」に乗船し、およそ40分かけて会場となった尾道市百島(ももじま)町福田港に接岸しました。
 この日の訓練は、尾道市・百島診療所・尾道海保・地元消防団らと連携して行った「医療救護訓練」のほか、住民の安否確認を行う「地域住民避難訓練」や住民による炊き出し訓練なども行われ、島民の半数以上が参加して真剣に取り組んでいました。

 

CIMG7219CIMG7207