平成29年度旅客船事故等対応訓練に参加

 11月21日(火)、第六管区海上保安本部の主催する訓練が三原市にて開催され、災害時に迅速かつ的確な救護活動が実施できるよう、主に自治体や消防など関係機関との連携強化を目的として参加しました。

 この訓練は、フェリーが機関故障により座礁し、負傷者が発生したことを想定しており、支部は救護班による応急救護を行いました。

※参加赤十字施設

・広島赤十字・原爆病院

・三原赤十字病院