平成23年度 広島市総合防災訓練に参加

去る9月1日(木)、広島市南区出島のメッセ・コンベンション等交流施設用地等において、広島市防災会議の主催による総合防災訓練が行われました。 この度の訓練は、南海トラフでマグニチュード8.7の地震が発生し、広島市内で最大震度6強を観測したという事態を想定し進められました。 本県支部からは、支部職員の他、広島赤十字・原爆病院の救護班、広島県赤十字血液センターの職員が参加し、また、広島県アマチュア無線赤十字奉仕団、広島県レスキューサポートバイク赤十字奉仕団の皆様も多く参加しました。 訓練途中から、台風12号の影響により大雨となり、いくつかの訓練種目が中止されるなか、皆、大規模災害に備えて、消防、警察、自衛隊等と共に真剣に訓練に取り組みました。 参加者の中には、東日本大震災の被災地に派遣された職員や赤十字ボランティアもおり、大規模災害時における他機関との連携の重要性を意識しながら取り組みました。
救護所開設

救護所開設訓練を行う救護班要員

アマチュア無線奉仕団

雨の中、災害救援物資輸送訓練を行う広島県アマチュア無線赤十字奉仕団

救護所

日赤救護所に搬送されてきた模擬負傷者を治療する救護班