災害救護

災害救護

平成27年度総合防災訓練に参加

[2015/09/08]

 9月2日(水)、広島県及び広島市主催の「平成27年度総合防災訓練」に当支部災害対策本部要員、広島赤十字・原爆病院救護班及びDMAT、三原赤十字病院救護班が参加しました。
 
本訓練は、台風の接近に伴う土砂災害や高潮被害を想定したものであり、観音マリーナ、広島ヘリポート、福田訓練場等複数の会場で行われました。

【海上災害救助訓練(観音マリーナ)】

 

救護の様子

救助訓練の様子

 

湯崎県知事、松井広島市長が視察に訪れました

湯崎県知事、松井広島市長が視察に訪れました

 

 

 

 

 

 

 

 

 訓練とはいえ、緊急車両のサイレンが鳴り響くと参加者全員のボルテージは一気に高まります。
 今回は、ブラインド式の実践訓練ということもあり、実災害さながらの緊張感の中、懸命に救護活動にあたりました。

【土砂災害訓練(福田訓練場)】

DSC01874DSC01911

 

 

 

 

 

 

 

                      【DMAT派遣訓練(広島ヘリポート)】

IMG_3338

 

[災害救護]

一覧へ戻る

"命を救う、力を合わせよう。"日本赤十字社では、皆さまからのご寄付を随時募集しています。皆さまのご都合にあった形でご支援ください。ご寄付・ご支援頂ける方はこちらから
[お電話で]082-241-8811[ホームページで]お問い合わせ[窓口で]お近くの窓口一覧(PDF)

※pdfをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。ダウンロードが必要な方はコチラをクリックしてください